倒産寸前から売上が5倍になり年商1億円達成!!林恵造様

Pocket

常に本物に触れられる

コンサルティング受講者で倒産寸前からコンサルティングを受講する前の年商8倍になった林さんに菅野一勢・中村司のコンサルティングについて詳しくお聞きしました。

【0から100へ】

ー 実際に入られてどのような経緯で1億近くまでいきましたか?

やっている事業をどうしても伸ばしたいっていう気持ちがありコンサルティングに参加し、菅野さん中村さんに相談して、できることはやったけど結果が好ましくなかったので撤退しようっていう事になったんです。

そして物販に切り替えた結果1ヶ月目で月商100万円が出てそして現在1年間やり続けてきた結果、月商700万円までいきました。

物販の方も利益が出て元々の事業も売上が上がって今までずっとやってきた結果がやっと出たという感じはあります。

【環境が結果を変える】

僕の場合はコンサルティングを受講する・セミナーに参加するというところはうちの家内のほうが申し込んだことがあったんですが、僕もゆくゆく内容を見て僕の方からも申し込みをしました。

実際会場では僕の方も悩んだんですが最終的にはうちの家内の後押しもありコンサルティングに参加したという形ですね。

コンサルティングを受けてですね、お二人にいつでも相談できるという環境がありがむしゃらに頑張れたと思います。

そういうところが最終的には結果がでるっていうところですね。

本物に触れていられる環境が結果に繋がったと思います。

皆さんもセミナーやコンサルティングを受講しガンガン人生を攻めて行っていただければと思います。

コンサルに入ってからの変化と感想

林:こんにちは、ハヤシです。物販をやっております。

中村:あ、そういえば、リンスかなんか、シャンプーかなんかって言っていましたよね?一応その情報提供をしてみたらどうですか?投げかけて。

ハヤシ:そうですね。今年は1年目と違って安定して売り上げ作れてるっていのが、メーカー仕入れをしてる、と。メーカーの方からは、本当にリスクの無い状態で、売れたら売れた分だけ後から払う、っていう取引を今しています。で、その商品がシャンプーとリンスとか、カラー剤。で、カラー剤はちょっとアマゾンで売れないんですけれども、それがですね、3000本くらいあるんですよ。あとで、美容師の方誰か、PPCの方いらっしゃったと思うのですけど…1回見てもらって使えるんであれば、格安でお渡ししたいと思っています。1回見ていただければと思います。

菅野:3000本の在庫がある、っていうことですか?

ハヤシ:3000本の在庫を僕が預かってる状態ですよね、メーカーから。

菅野:なるほど。

ハヤシ:というのは、デザインがモデルチェンジするからっていうことで、大量にメーカーに在庫がある、っていうことで、売れたら売って欲しい、という感じだったんですね。

菅野:格安でFaxDMで美容室に流してみたらダメなんですか?それやられちゃうと困っちゃうんですか?

ハヤシ:うーん…僕はそのメーカーで取引してるのが九州の営業所なんですけど、会社としては本社に戻して欲しい、と。で、そこで破棄をするという感じで指示はあってるらしいんですけれども、ちょっとでも売り上げを上げたいというそこの営業所の所長の考えがあるみたいなんで、そこは戻さずにこっち側で売り手があれば、という相談を受けているところです。

菅野:10本セットとか20本セットとかポーンと売ったら、買い手いそうですけどね、激安だったら。

ハヤシ:そうですね。カラー剤ってだいたい1700円とかくらいですよね、入るのが。で、それもう700円くらいの通常売価なんですけど、300円とか、まとめて買ってくれる人には200円とか、でどんどん捌いていいって欲しい、って言われたので。

菅野:まぁ、絶対的に使うところがあるんで。

ハヤシ:そうですね。個人店でやってるとこでもおそらく月でもう230本くらいはカラー剤使うんじゃないかと思うんですけど。まぁ、それを長く。消費期限っていうのもあるらしいんですけど、その範囲内で売り切れるような感じでやって欲しい、みたいな感じだったんで。そこは全然リスクは無いので、売れる方がいたら売ろうかな、という感じです。で、今はアマゾンで販売をやってるんですけど。まぁ、ちょっとあの、やってる方は分かるんと思うんですけど、規約がコロコロ、コロコロ変わるというとこともあるからですね。今年はあの、ちょっとYahooの方で今申請は出してるんですけど、そこは2つ使って、モールを2つで今年は売り上げをさらに伸ばしていきたいな、というふうに思ってます。

菅野:今はどれくらいの売上規模になってきてるんですか?

ハヤシ:今はですね…月、まぁ、12月は1番売れるんですけど、それ除いて今平均で700は超しました。

菅野:700超す。利益的には?

ハヤシ:利益でいくと、毎月粗利で200以上は残ってます。

中村:う〜ん!

菅野:おぉ!すごいですねぇ!

ハヤシ:一番大きく変わったのが、1年目は本当に、説明したこともあると思うんですけど、100円をコツコツ拾ってたんですね。で、決算とかでずっと数字を見ていくと、「なんでこんな重労働してんだ」ということに気付きまして。もう本当、1,000円以下はもう全部捨ててたんですよ、今年。で、全部もう今年は、1,000円以上のものを仕入れて。また作業量を減らそうと思ってですね、効率よく縦積みをすることを今年目標に挙げてやってたので、販売してる商品っていうのは1年目に比べて半分になりました。でも、売上は上がって、利益も上がったっていう感じですね。

中村:素晴らしい。

菅野:素晴らしい!

菅野一勢と中村司のセミナー情報はコチラ

PAGE TOP